BLOG

熱中症教育を実施しました!

2022/07/06

こんにちわ!毎年恒例の弊社熱中症教育を行いました!!
昨年も受講した方達も新しく入ってきた仲間たちも全員対象として
知識と意識のフォローアップを目的とし、効果としては、ここ2~3年の間ですが
熱中症の前兆で気付き、早期の対処ができてその日のうちに回復出来る程度の
症状の方が一人二人と非常に少なくなっています。
この教育を始める前までは病院にいって点滴をうける事がよくあり
事前の処置より事後の処置のほうが大変だった事を感じます。
なによりも作業者本人の体の無事とご家族の心配をなくすことが出来
過酷な環境を乗り越える為の大切な教育と思います。

簡単ですがどの様な内容についてお話したのかをタイトルのみでご紹介させていただきます。

1順化(暑熱順化)
2作業管理について(作業強度 時間)
3作業環境管理について(WBGT値とは 作業強度に応じた基準値設定)
4健康管理
体液の量 水分比 水分出納
不感蒸泄 一日あたりの尿量について
体液量の減少について(水分塩分)
5処置の方法
皮膚ツルゴール低下について 頭痛薬について
経口補水液(OS1)について 水分塩分補給について 塩の目安
6作業者自身の健康管理
7監督者による健康管理
8熱中症を起こしやすい人まとめ
9体調確認のポイント
10救急措置

以上となっています
熱中症には特有の症状が乏しく、早期発見は困難です。
予防と応急処置の推進が重要ですが実際にどのような症状なのか、どう対処すべきかを今回の教育で学んでいただき、この夏を熱中症者ゼロで乗り越えたいと思っています。