staffスタッフ紹介

榮 拓海(さかえ たくみ)入社8年目

  • サンプルテキスト
サンプルテキスト

社員インタビュー

★仕事内容★

若松にある九州機電工事㈱内で常用作業を行なっています。

現場での仕事は、製缶・配管・熱絶縁・整備作業のほかに足場工事もやっています。

特に、製缶工事、足場工事をメインとして仕事をしています。


★入社のきっかけ★

私は、小さい頃からボクシングを始め、16歳でプロボクサーになりました。

高校の進路を決めるときにプロボクサーだけで生活することは難しいため、就職先を探していました。

その時、今所属している折尾ボクシングジムの会長が紹介してくれ、ボクシングを続けながら仕事をしたいと社長に伝えたところ、サポートをしてくださると言ってくれたことが、とても嬉しくて入社することを決めました。

 

★仕事とボクシングの両立★

入社して、仕事を始めた当初はボクシングとの両立はとても大変でした。

しかし、社長や現場の仲間そして働く全ての人が私のボクシングのことを理解し、応援してくださいました。

ボクシングの試合がある時は、応援にも来てくれます。いつも感謝しています。

勤務後は練習があるのですが、ほとんど残業が無いため、ボクシングの練習する時間も十分にあります。

試合前は1週間前から休みをくださり、最終調整の時間を持てます。

「いまはボクシングだけでもいいぞ」と声を掛けてくださいます。

私は、ボクシングで会社に恩返しがしたい気持ちでいっぱいです。そして、この会社で勤め上げたいと思っています。

 

★ボクシングの目標★

21歳の時に、IBF「国際ボクシング連盟」のユースの世界ミニマム級チャンピオンになりました。

ユースの世界チャンピオンになったとき、「本当の世界チャンピオンになりたい!」という新しい目標が出来ました。今はライトフライ級に階級を上げ、年に3回の試合にプロボクサーとして出場し、世界チャンピオンを目指しています。

 

投稿日:2019/9